キャットフード

キャットフードの安物は危険?高価なもののほうがいいのか解説!

「安いキャットフードって安全なの?」

「節約のため、安いキャットフードを与えているけれど、変えようかな…」

こんな感じで、悩んでいませんか?

安物で十分だとか、これまでキャットフードを選ぶ際には「安い」ということだけ確認して購入してないでしょうか?

しかし、安いからという安易な理由だけで購入してしまうとねこちゃんが病気になったり結果的に病気になってしまったりして、治療代がかかってしまうことになります。

そこで、今回は安いキャットフードの危険性と発症する病気や副作用についてまとめていきます!

キャットフードの安物を食べてしまう場合の危険性は?

結論から言うと、安過ぎるキャットフードというのは、それなりの質で出来ているというわけです。

まずはキャットフードのパッケージの原材料の表記をチェックしてみましょう。

実は、こちらの安過ぎるドッグフードには「人間が食べてはいけない」レベルの肉が使われていたりします。

ホルモン剤を使った動物の肉や、病気や事故で死んだ動物、腐ってしまった肉、そういった人間が食べてはいけないような、何の肉かも分からない動物性タンパク質はもちろん安いのです。

そこに加えて保存料や着色料などの食品添加物で「おいしそう」な誤魔化しをしてしまっていることが多いのです。

ドッグフードの安物を食べさせるとどうなる?市販の安物の特徴は?「安物買いの銭失い」なんて言葉もあるように、安いものには安い理由があります。 ドッグフードで安物を選んでいるという方は、その質が気...

ドッグフードも同様に、悪い素材が使われているからこそ、安い価格で売ることができるんですよね。

猫が健康でいられるかどうかはキャットフードで変わってくる

猫エイズやアレルギー、そして白血病や、肺炎など多くの病気のリスクを抱えている猫は、人間と同様に、質の悪い食べ物で、発症しやすくなります。

栄養バランスが取れたキャットフードなら、とりあえずは、猫に多い病気を防ぐことに焦点が当てられて開発されていますので、安心して食べさせられるはずです。

生活の余裕がなくて「安物のキャットフードでいいや」という気持ちもわかりますが、病気や副作用になりにくいキャットフードなのかきちんと確認してからにしましょう。

実は、日本のキャットフードは基準が甘く、ヨーロッパや海外諸国では考えられないような粗悪な素材が含まれています。

病気になってからは遅いので、ぜひとも注意をしてください。

無添加のキャットフードならフランス製のオリジン




フランス製グレインフリーのプレミアムキャットフードGRANDS(グランツ)は、獣医師推奨!猫ちゃんの食いつき満点!で大人気です。

そして、無添加・無着色・保存料なしの「安心」を両立しているのが特徴です。

◆ポイント◆
・夏でも安心500g×3袋の小分けサイズでお届け
→開封から約10日分の食べきりでいつでも新鮮
☆ご注文は複数の味を合わせて1.5kg以上500g単位で調整可能になり、猫の食べる量に応じた注文が簡単

・猫ちゃんの体調維持を考慮した原料を追加
→2つのベリーで尿路の健康を応援、プレバイオティクスを考えた原材料を配合
→チキン味はマグネシウム0.06%に低減

「香料・添加物が入ってるフードは与えたくない」という方や、食いつきが気になる方も安心です。

原材料がシンプルなので、穀物やチキン・サーモン以外の肉類にアレルギーをもつ猫に安心です。

さらに、一回500円という低価格でお試しすることができるのも魅力の一つです。しかも送料無料ですよ!

グランツでお試し500円で注文をしてみる!

さらに健康にこだわるならカナガンデンタルキャットフード

『カナガンデンタルキャットフード』は、効果的と世界的に有名なケアサプリ「プロデン・プラークオフ」とコラボした商品です。

歯石・プラークに関する特許取得の天然海藻成分が、体の中に溶け込んで汚れにアプローチするという商品です。

「こういうケアフードって美味しくなさそう」そう思われがちですが、美味しさもピカイチです!

猫が本来必要とする栄養と美味しさに対するカナガンのこだわりはそのまま。上質な平飼いターキー生肉を贅沢に30%も使用し、穀類を含まないグレインフリーレシピで、グルメな愛猫も大満足です。

「グレインフリー(穀物不使用)」
「着色料・香料不使用」

安心で安全、そして安物ばかりで不安という方にぜひ試してもらいたいキャットフードです。

カナガンデンタルキャットフードを公式サイトからキャンペーンで試してみる!

まとめ

ネコちゃんを飼う中で主に掛かる出費といえばキャットフード代ですので安物でもいいかもしれない…と思っていませんか?

毎日欠かさず食べるものだから、値段が気になる方も多いのではないでしょうか。

現在は、ペットフードの種類も豊富になり、安物などはつい購入したくなります。

安いには安物なりの理由があります。

激安のドックフードには食品添加物が多く使用されていたり、良質でない肉が使われていたり、アレルギーや病気の原因にあります。

ぜひ知っておいてくださいね。